チーム仮称「Tenten」医療費支援基金の公募は終了いたしました。多くのご支援をいただき心より感謝も仕上げます。詳細は<コチラ>

1頭でも多くのレスキューをするためのお願い
2008年12月のレスキュー開始から180頭を超えるジャックたちを救済してまいりました。これもレスキューにおいて肝心の一時預かり宅があればこそと痛感しています。近年、成犬でも年齢層の高い子の受入が多く、一時預かり宅の不足が絶えない状況です。当会ではシェルターを有せずすべてが個人宅の預かりで活動をしています。この預かり宅がない限り救える子たちの救済にも手が出せないこともあり多くの賛同者の方々に一時預かりのご協力を嘆願し1頭でも多くのレスキュージャックを次の温かなご家庭に縁を繋ぎたいと切望しています。お気持ちのある方は当会宛にメールにてお問合せください。ご説明にうかがわせていただきますのでよろしくお願いいたします。

真の家族との絆を結ぶ良縁募集について

掲載中のジャックたちは何らかの理由で放棄・遺棄された子ではありますが、新たなご家庭で健やかに暮らすことを願い、この子たちを終生託せるご家庭とのご縁を結ぶための募集をしています。
終生のお引き受けを希望される方は上記メニューから里親申請のコーナーにて個人情報を含めたご申請をいただくこととなります。お申込みに際し、申請いただきました情報を元に当会にて確認をしたうえで当会よりご連絡を差し上げます。ただし、ご応募いただきました方すべてに譲渡をお約束することはできませんので予めご了承のうえお申し出ください。また当会が希望するエリア外からのお申込みの場合は搬送なども含め要相談となります。
譲渡に際し当会では申請審査を行っております。単身者の方、小さなお子様のいらっしゃるご家庭、不在時間が長いご家族、主たる世話人が70歳以上のご家庭の場合には応募にお応えできないこともありますので予めご容赦ください。

縁を繋ぎ絆を待っている募集中のジャックたち

仮称ネーム/性別/推定年齢/検査+健康状態の情報や躾レベル/出処地/受入年月日/預かり地の順で記載

〔決算開示〕
※「ジャックの里とは」のページ内に2017年計算書を開示しました(PDFデータ)

〔PWJ譲渡推進プログラム〕 2017年度の助成プログラムの利用は終了しました
当会が譲渡推進を目的としてPWJ様に申請をあげ承認を受けたプログラムです。
医療費が譲渡後も推測される場合や高齢のため看取り譲渡になる可能性がある場合など当会が定めた保護ジャックに対し、受け入れていただくフォスターさまへの支援プログラムです。その譲渡により一時預かり宅の確保も推進し次の受け入れの準備に進めるためのものです。プログラム承認の枠につきましては個々にそのウエイトは異なりますのでフォスターを希望されるときにお問合せください。
※2018年度も同推進プログラム実施にて申請中

〔一時預かり宅募集〕 フードは会から支給されます!医療費は事後清算になります!日常品の負担あります。
一人一人のオーナー様がそしてご家族やご親戚の方が万一の時には生涯を引き継いでいただければ!
またパピーミルと揶揄されている方々が襟を正していただければ単犬種において保護ゼロは叶わぬ夢ではありません。
しかしながら緊急のために一時預かり宅」は常時募集をしていますので、お気持ちのあるご家庭は当会までメールをいただければ幸いです。 jrt_fanclub★yahoo.co.jp (★を@に変えてね)

日常のお買い物でレスキュージャックへの支援ができます!
ドッグフード、トリーツ、グッズなどお買い物いただきました収益がジャックの里の医療費支援に繋がります!
ジャックファンショップはコチラから→ https://jackfan.shop-pro.jp

面会やトライアルそしてアフターサポートの実現のために
ジャックの里では関東エリアを中心とした本部エリア(東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城)のほか、
名古屋(JFN)、静岡(JFS)関西(大阪+滋賀)に有志サポーターがいます。

他保護団体のご紹介
ジャックラッセルテリア以外の犬種もたくさんの良縁を待っています!応援お願いします!
         
 
ページのトップへ戻る